介護業界を目指すなら必要な資格は取得しておこう

男女
夫婦とレディ

看護助産の専門学校

ベルランド看護助産専門学校は、社会医療法人を母体とし、他の専門学校に比べると就職活動が有利であることから人気を集めています。また、新校舎が完成し、ますます充実した学びが展開されることが予想されます。入試対策は早めに行っておくべきで、ホームページをチェックし、募集要項を早めに請求すると良いでしょう。

女の人

国家試験に通る為に

理学療法士の合格率はこの10年で低下しており、平均で80%程になっています。試験には入学時から始まる基礎理論や医学一般が重要になります。受験年度に過去に学習した事を忘れていない様に、入学した時から、国家試験合格に向けた学習であることを意識して取り組む必要があります。

介助の仕事をするため

シニア男性と成人女性

初任者研修と実務者研修

高齢者が増えている現在では、介護施設も増えていますし、そこでは積極的にスタッフの募集がおこなわれています。その分就職しやすいことから、多くの人が応募しています。ただし介護施設で介助スタッフとして働くためには、資格が必要となります。介護系の資格には複数のものがあるのですが、その中には専門のスクールに通うだけで取得できるものもあります。具体的には、初任者研修と実務者研修と呼ばれているものです。これらはいずれも、指定されている研修を全て受講すれば、自動的に資格取得となります。研修科目は複数あるのですが、その中には、通信講座を利用して自宅で受けることができるものもあります。その手軽さからも、受講を希望する人は増えています。

働きながらキャリアアップ

初任者研修と実務者研修のいずれかを取得すれば、介護施設の現場で介助スタッフとして勤務できるようになります。また後者を取得した場合は、3年以上の実務経験を積むことで、介護福祉士の国家試験にチャレンジすることが可能となります。介護福祉士は国家資格なので、取得すれば、より良い条件で雇ってもらえるようになります。ただし合格率は60%前後と高くはないため、合格を目指して改めて通信講座を利用するという人も多くいます。通信講座の中には、介護福祉士の受験対策ができるものもあるのです。通信講座ですから、フルタイムで働きながらでも、学習を進めていくことが可能です。この、働きながらキャリアアップができるという点も、介護施設で働く人が増えてきている理由のひとつと言えます。

可能性を大きく広げる

勉強道具

いつの時代も欠かすことのできない職業として医療をあげることができます。医療関係の仕事は多くのジャンルがあり、それぞれのジャンルの方たちが関わり合って健康に貢献しています。専門学校で一つのジャンルをしっかり学ぶと共に、医療を総合的に学べるので資格取得後も大いに役立つことでしょう。