看護助産の専門学校|介護業界を目指すなら必要な資格は取得しておこう

介護業界を目指すなら必要な資格は取得しておこう

婦人

看護助産の専門学校

夫婦とレディ

社会医療法人が運営

ベルランド看護助産専門学校は、社会医療法人を母体とする専門学校で、看護学科と助産学科を併設する珍しいタイプの学校です。母体の社会医療法人生長会は、大阪府堺市のベルランド総合病院、和泉市に府中病院の規模の大きい病院を持っています。その特徴を活かし、ベルランド看護助産専門学校では、これらの病院が実習先となることが多くなっているようです。実習を順調にこなせば、これらの病院への就職へとつながりますから、他の専門学校に比べると、就職活動がスムーズになる可能性が高いと言えるでしょう。また、最近では新校舎が完成し、充実した学習環境と最新の実習設備が整ったことで、より充実した学びが展開されることが期待されます。このような理由から、ベルランド看護助産専門学校は人気や注目を集めている看護師養成施設となっています。

早めに対策を

ベルランド看護助産専門学校は、上記のような人気の理由を備えていることから、定員よりはるかに多くの方が出願するようです。そこで、各入試試験では出願条件が設けられていたり、学力試験が課されることとなりますから、しっかり情報収集をしておく必要があります。学校のホームページでこれらの情報を確認し、募集要項を取り寄せて、早めに対策を打つことが重要となるでしょう。看護学科を希望する場合には、原則として、入試で国語や小論文が課され、一般入試では数学も加わってきます。また、面接も実施されることから、明確な志望動機や将来なりたい看護師像などを準備しておくことがポイントとなります。一方で、助産学科を目指す場合には、看護師になる資格を持っていることが条件で、筆記試験も看護学に関する知識が問われます。このように、希望する学科や入試方法によって、大きく対策が異なってきますから、十分に注意しましょう。